低糖質麺 外食

外食でも低糖質麺!

糖質オフを意識した料理を提供するお店も増えてきました。ラーメン店など麺料理の専門店でも麺の糖質対策を考えるようになってきています。ラーメン店では麺の代わりに豆腐を使ったり、リンガーハットでは麺なしちゃんぽんを出したりと低糖質麺ではない糖質オフ対策をしているお店もたくさんあります。代金に少しプラスすることで低糖質麺に変えられるお店も。低糖質麺は身近なすき家やファーストキッチンでも食べられます。

 

「低糖質麺を外食で食べる」のカテゴリでは、低糖質麺を提供するレストランなどのお店を紹介しています。意外と身近なお店でもロカボ麺は食べられますよ。食べに行ったら実食!口コミ・レビューを掲載していきます。

 

すき家

すき家の低糖質麺は、ロカボ牛麺(温・冷)490円
こんにゃく麺を使用し、1食の炭水化物量26.6gとなっています。糖質量については公式サイトに記載がないのですが、炭水化物=糖質+食物繊維です。食物繊維の量は、こんにゃく麺なら4〜5g程度と考えられます。ロカボ牛麺はテイクアウトはできません。
ホームページ すき家ロカボ牛麺の実食口コミ

 

ファーストキッチン

ファーストキッチンは2017年12月より、ビーフパティをバンズ代わりにしてベーコンエッグを挟んだワイルドロック(糖質4.6g)を発売するなど低糖質メニューに取り組んでいます。ファーストキッチンのパスタメニューは、プラス50円でこだわりの糖質低減麺にチェンジできるようになりました。難消化性デンプン(レジスタントスターチ)を小麦粉に混ぜた麺を使用し、糖質60%オフになっています。低糖質パスタ1食分の麺の糖質量は20.5gです。
ホームページ

 

つるとんたん

美味しいうどんのお店です。東京と大阪に12店舗展開しています。全店舗でプラス180円で全てのうどんを糖質60%オフの「つるとんたんロカボうどん」に変更できます。
ホームページ

 

口コミ!実食レポート!

すき家
2018/06/19 06:56:19 | 低糖質麺を外食で食べる
こんにゃく麺で適正糖質。お揚げと牛肉で旨味がギュッ外食で低糖質麺を食べられる場所として、すき家は最も身近で気軽なお店のひとつです。全国47都道府県に約1,955店舗(2017年10月4日現在)を展開し、24時間営業のお店も多く、いつでも低糖質麺がいただけます。すき家はテーブル席があるので、ファミリーや女性ひとりでも入りやすい雰囲気です。そんなすき家で食べられる低糖質麺が「ロカボ牛麺」です。米粉も練り込んで、もちもちと食べごたえのあるこんにゃく麺を使用して糖質を抑えています。2017年の発売当初はロカボ牛ビビン麺も同時に販売されていたのですが、あまり評判がよくなかったのか、現在はロカボ牛麺のみと...