すき家ロカボ牛麺 糖質22g

すき家のロカボ牛麺はどんな低糖質麺?

すき家

こんにゃく麺で適正糖質。お揚げと牛肉で旨味がギュッ

外食で低糖質麺を食べられる場所として、すき家は最も身近で気軽なお店のひとつです。全国47都道府県に約1,955店舗(2017年10月4日現在)を展開し、24時間営業のお店も多く、いつでも低糖質麺がいただけます。

 

すき家はテーブル席があるので、ファミリーや女性ひとりでも入りやすい雰囲気です。

 

そんなすき家で食べられる低糖質麺が「ロカボ牛麺」です。米粉も練り込んで、もちもちと食べごたえのあるこんにゃく麺を使用して糖質を抑えています。

 

2017年の発売当初はロカボ牛ビビン麺も同時に販売されていたのですが、あまり評判がよくなかったのか、現在はロカボ牛麺のみとなっています。

 

糖質量:1食分で22.0g

 

栄養成分表(1食あたり)

  • エネルギー:384kcal
  • タンパク質:17.9g
  • 脂質:24.1g
  • 炭水化物:26.6g
  • ナトリウム:2253mg

 

価格:490円(税込)
温・冷 選べます。

 


すき家のロカボ牛麺 実食!口コミ・レビュー

ロカボ牛麺

すき家の低糖質麺メニュー「ロカボ牛麺」を食べてきました。

 

ロカボ牛麺は、健康を考えた別メニューに掲載されています。
メニューのロカボ牛麺

 

健康メニューにはロカボ牛麺の他に、ご飯の代わりに豆腐を使用した牛丼ライトと、栄養バランスよく食べるためのセットが載ってます。
すき家の健康メニュー

 

ロカボ牛麺の麺は平麺タイプのこんにゃく麺です。弾力があって食べごたえを感じる麺です。麺にほんのりつゆの色がついていて、出汁が少ししみている感じ。いかにもこんにゃくというよりは意外とちゃんと麺として味わえました。こんにゃく麺慣れしている人はかなり美味しくいただけると思います。
麺にはつゆがしみてる

 

トッピングは、牛丼の具(量は少なめ)、お揚げ、天かす、青ネギです。こってり系の具材が多いのであっさり麺でもしっかり食べられました。
すき家のロカボ牛麺

 

特にお揚げが分厚くて、甘く煮てあって美味しいです♪ 東京でわたしがいつも買ってる中身のない薄揚げじゃなくて、京都とかで見るような厚みのあるタイプ。満足度に貢献しますね。
油揚げ

 

牛丼の具を食べると、なんとなく牛丼を食べたような気持ちになるから不思議。これも満足感につながる感じがします。

 

難点は、お箸もこんにゃく麺もつるつるしているから、一度つかんでも麺が逃げちゃうこと。
お箸から麺が逃げる

 

味は全体的に濃いめに感じました。塩分はナトリウム2253mgから計算すると5.7gになります。スープは残したほうがよさそう。

 

今回は温かいロカボ牛麺にしましたが、冷たい麺も選べるのでまた今度、食べてみたいと思います。すき家のロカボ牛麺、安くて美味しいのでおすすめですよ。お持ち帰りはできないので店内で食べるメニューです。

 

ただし、普段牛丼をガッツリ食べている人が、糖質オフのために急に思いついてこのロカボ牛麺を食べた場合、主食の部分が蒟蒻になるので、物足りなかったり、お腹がすぐにすいちゃうおそれありです。糖質オフする時は、主食を減らしたら、その分タンパク質を食べないとお腹がすいちゃいますので何か肉類などをプラスするのをおすすめします!

 

ロカボ牛麺は自宅でこんにゃく麺を食べる時のレシピとして、作り方のヒントにもなりますね。レトルト牛丼の具(すき家の牛丼の具は炭水化物 7.4g)とお揚げなどをトッピングすれば家でも美味しく食べられそう。

 

 

食後の血糖値の上昇をおだやかにするサラシア配合の牛丼の具なら、糖質オフ的に相性バッチリです!(吉野家ですけどね)